見てる最中にボコボコと出てくる広告。
パンドラTVは品揃えが良いだけに広告が非常に残念なポイントとなっております。

しかし、ここで朗報です。
なんと広告は消すことが出来るんですよ!

方法は2つ。

1.ADblock(アドブロック)を使う
2.ダウンロードする


1.に関しては、使っているブラウザにもよりますが、普通にネットサーフィンしてても出てくる広告たちを消すことが出来るんです。
ただし、設定がちょっと面倒なのと、自分は普段のネットサーフィンで広告を見るのが好きなので使っていません。

2.は私のオススメダウンロード。

具体的なやり方はこちらのサイトを参照してもらいたいのですが、ダウンロードしてしまえば回線速度や広告などは全く気にしないで視聴できるので、私はこちらの方法を選びました。

快適でオススメです♪

最近のアニメについては良く分からないのですが、
最近はアニメが10代から大人に向けて発信されているような気がします。

つまり、アンパンマンやゲゲゲの鬼太郎のような
ホントに小さい子でも見れるアニメが少なくなっているような気がするのです。

下手にカッコよく作ったり、絵のタッチがイケメンすぎたり、
話を難しくすればいいという風潮があるような気がします。
アニメが製作者、視聴者共に高尚なものになりつつある気がするのです。

なんでしょうか。
もっと和やかなアニメがあってもいいのではないのでしょうか。
和やかっていうとコメディアニメになってしまうのですが、
そこまではいかないものを私は求めているのです。

例えば、アラレちゃんのようにあんみつ姫のように、
毎回、とくに展開はなくても心を和やかにしてくれるアニメが私は好きなのです。

もちろん、そればっかりだったらつまらないんですけど、
最近はそれがほぼない気がします。
まあ、たぶん視聴率とか取れないんだと思うんですけど……

「日本のアニメ」と騒がれてしまったことが気負いの要因かもしれません。
製作側も見る側も肩の荷をおろし、穏やかにアニメを見れる日を私は望んでいます。

アニメ王国日本。

大人がアニメを見ることは日本ではどことなくマイナスのイメージがもたれていますが、
海外ではむしろもっと日本のアニメを大切にすべきだといわれているらしいです。

最近のアニメはなんだかオタク要素が強く、私も馴染めなかったので、
まずは幼少期見ていたアニメを見ようと思っています。

見ていたアニメも小さい頃なのでもう内容は忘れてしまってますし、
それに、大人になった今見る事によって、
子供のころ、意味が分からなかったことがよくわかりますし、また違った見方ができるでしょう。

けっこう昔のアニメって、コメディタッチなのに、
実は主人公がかなり暗い過去を持っていたり、そういう裏設定が多いんですよね。
そして、ストーリー内容も実は子供が見るべきではないほどシリアスだったりもします。
思い出のままアニメを終わらさずに今、もう一度見直すことは大事だと思うのです。

私の幼少期のアニメといったらドラゴンボールや幽遊白書、スラムダンク、ダイの大冒険などでした。
毎週欠かさず見ていたわけではないので、一部見てないものがほぼ全部です。
なので、大人になったいましっかりとアニメを見直したいと思います。

友達にオススメのDVDコピーソフトも教えてもらったので、
DVDに保存して、これからいつでも見返せるようにしたいとも思っています!